アトリエ金澤 atelier kanazawa
(クラリネット奏者大友幸太郎 文責 2014.12)


クラリネット&サキソフォンのリペアテクニシャン、
金澤恭悦さんのサービスが受けられる個人工房です。
私大友が仕事で使う楽器をすべてメンテナンスしてもらっています。


調整・修理は完全予約制で、
基本的には金澤さんのお仕事(現在リペア専門学校の専任講師などをされています)が終わった夕方〜夜にいらしていただき、たとえばクラリネットの清掃・組み直し程度でしたらその場で調整してもらえます。 作業箇所の多い場合は、数日間お預かりで後日受け取りにいらしていただきます。
夜7時〜8時くらいでも駆け込める貴重な工房(笑)、ぜひご活用ください!


※追加:現在対応可能な時間など
月〜木は19時〜22時程度、金・土・日は日中からの対応も可能だそうです。
金澤さんプロフィール:

秋田県出身。1969年日本管楽器(株)入社。日本楽器製造(株)(現ヤマハ株式会社)と合併後、浜松本社にて管楽器設計課試作室勤務となり、クラリネットの開発に携わる。

1977年東京銀座に開設された「ヤマハアトリエ東京」の初代スタッフとして木管楽器の専門家対応を22年間担当。日本はもとより、来日する世界中のプロのクラリネット奏者・サキソフォン奏者との対話の中で、高い技術と信頼を築いた。

また、全国特約店技術者の研修指導や、ヤマハ管楽器テクニカルアカデミーでの指導などを通して後進の指導・育成にも関わる。海外においては全米の技術者大会の参加に合わせて、北米地区の修理技術の視察を実施。 韓国、香港、台湾においても技術指導を積極的に行ってきた。

2003年ヤマハ株式会社を退職後は、専門学校の専任講師として後進の育成にあたる他、外務省のODA音楽文化関連の調査員を5年間努め度々渡欧、またヤマハ銀座店管楽器売場のテクニカルスタッフとしてクラリネット・サキソフォンの調整にあたった。

現在、島村楽器テクニカルアカデミー(代官山音楽院)管楽器リペア科主任講師、個人工房「Atelier Kanazawa」主宰。 膨大な量の管楽器調整をこなす多忙な日々を送っている。各管楽器専門誌に寄稿多数。

〒171-0033 豊島区高田3-40-12 佐藤ビル (明治通り沿いの「豊島高田郵便局」と同じ建物です) ■JR山手線 「高田馬場駅」から徒歩10分程度 ■東京メトロ副都心線 「雑司が谷駅」3番出口(南側)から徒歩5分程度 ■都電荒川線 「学習院下駅」から徒歩1分

※交差点向かいの都電踏切を渡ったところにあるスーパーの前にコインパーキングがあります。



フルサイズのgooglemapで見る